看護師として重要な事は「コミュニケーション」や「チームワーク」と言われています。ですが、実際に働き出すとわかるのですが、看護師の中にも陰湿な人やいじめを行ってくるような人・職場が溢れており、そのために仕事を辞めたいと考えている人が多いです。また、そのようないじめにあったとしても、看護師としての実力が足りないがために自分で職場を選べないという人も多いと思います。

 

しかし、手術室看護師になれば違います。本当の実力が必要な手術室という場で立ち回れる力をつければ、自らの力で職場を選ぶことができます。

 

このサイトではそんな「実力」を身につけて働きたい方のために、手術室看護師へ転職できるサイトをご紹介しております。特に実際に転職した方の満足度が高い転職サイトBEST3を紹介しておりますので、ぜひ相談してみてください。

 

満足度が高い転職サイトBEST3

 

看護のお仕事



コンサルタントの対応満足度 1位
転職祝い金 最大12万円支給

 

東京都だけでも、130,000件以上の求人情報を持っているのが「看護のお仕事」です。それだけの求人情報を持っているということは、頻繁に様々な病院などに出入りしているはずです。なので、「看護のお仕事」のコンサルタントさんは職場のリアルな情報>を持ってきてくれ、転職する前にどのような職場なのかを体感することができます。もちろん、転職前の職場見学も可能です。まずはご相談を。

 

 

ナース人材バンク


年間利用者10万人以上の看護師さんが利用
全国16拠点でサポート

 

2位は年間10万人の看護師さんが利用するという「ナース人材バンク」です。東証一部上場の企業さんが運営していますし、全国で16拠点も展開しているので、サポートもバッチリです!給料などの交渉も、あなたの代わりに行ってもらえます。

 

 

ナースフル


 

公開されている求人数だけでも200,000件以上それに加えて、非公開求人もあります。勤務形態も選べるので、自分の好みによって働き方を選べます。非公開求人を見るためには、まずは登録を。

 

 

看護師と言うと、病棟や外来で患者の身の回りの事をサポートしたり、点滴や薬の管理をしたりとあまり「手術室」のイメージってないとおもいます。

けれどもちろん、手術は医師だけで行えるものではありません。一瞬たりとも気の抜けない現場で、医師が手術をスムーズに行えるようにサポートするのが手術室看護師の役割なのです。
そこで今回は、「私は手術室で働いて、たくさんの人の命を救う医師の右腕となりたい!」という熱い想いを持ってるあなたに、ピッタリのテーマです。
「手術室看護師になるにはどうしたら良いの?」と題してお送りいたしますね。実は、手術室で看護師として働くには3つの方法が考えられます。
@手術のある病院に就職して、最初から手術室勤務を希望する
A最初は他の科で勤務して、数年たってキャリアが出来たら異動届を出す
B看護師長に推薦してもらう

 

手術室の看護婦って、実は結構なスキルが求められます。なぜなら、患者の生死の分かれ目となる現場に立ち会っているわけですから、急変にも動じずに対処する冷静さや
的確さが求められるからです。ですから、新卒ですぐにバリバリ手術室で働いてるという看護師はなかなかいないと思います。
ですから他の科で何年か勤務した後に、手術室勤務になるケースが多いですね。看護師にとって、手術室で働くという事で「エリート」だという事を暗に意味します。
病棟看護師と比べて、責任が重く、精神的にもきついと言うイメージがありますが、やりがいはある素晴らし仕事だと思います。