子育てしながら手術室看護師をするメリット・デメリット

独身時代は「がむしゃらに働くぞ〜!」とどんな勤務状況でも受け入れてこれたという看護師の方も、
結婚して子供が生まれると、「やっぱり家族が1番。きちんと子育てしながら、仕事を続けたい!」という考えに変わってくると思います。
これは決して珍しいことではなく、働く女性のほとんどに当てはまるのではないでしょうか?そこで今回は、こんなテーマにしてみました。
題して「子育てしながら手術室看護師をするメリット・デメリット」です!

 

子育てしながら手術室看護師をするメリット

 

  1. 夜勤がないので、子供と夜一緒に過ごせる
  2. 夜勤がなく子供と生活リズムが一緒なので、体力的な負担があまりない
  3. 基本的に残業はない

 

子育てしながら手術室看護師をするデメリット

 

  1. 急な手術で呼び出されるときがある
  2. 毎日の緊張でと立ちっぱなしの勤務で、へとへとになる日もある

 

以上、「子育てしながら手術室看護師をするメリット・デメリット」をご紹介しました。

 

手術は夜中に行われることはないので、夜勤がないのも納得できますよね。
やはりどんな仕事でも、子育てと仕事を両立するのは大変だなぁと思う瞬間があると思います。ですが実際に働く前に、その職場にどんなメリット・デメリットがあるのかを知っておくことはすごく大切な事だと思いますよ。

 

>>手術室看護師として働きたい方にオススメの転職サイトはこちら<<