手術室看護師にオススメの参考書!

手術室で勤務する看護師の方は、新たな勉強の始まりだと覚悟しておいてください。医師は同じでも、患者が違うので二度と同じ手術はできません。
手術には、何百何千通りの方法があるのです。だからこそ、手術室に配属されるとすぐに参考書を渡されて「基礎知識は完璧にしておいてね」と言われる新人看護師も多いようです。
そこで今回は、「手術室看護師にオススメの参考書!」と題しまして、いくつかご紹介していきますね〜!

 

カラーイラストでみる外科手術の基本―ILLUSTRATED BASIC SURGERY

 

これは看護師向けと言うよりは、研修医向けの本です。ですが、手術室看護師にもとても役立つ内容になっています。

 

なぜなら、さまざまな手術の手順が書かれているので「あー!この手つきをしたら、この器具ね〜」と気づくことが出来る参考書になっています。

 

研修医向けではあるのですが、手術室看護師が欲しかった情報が盛りだくさんな参考書です。

 

日本人医師が執筆されているのも、分かりやすいというポイントですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラーイラストでみる外科手術の基本 [ 下間正隆 ]
価格:7020円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)

 

手術室の器械・器具―伝えたい!先輩ナースのチエとワザ

 

こちらは看護師向けの本です。

 

看護師の視点で書かれていますので、こちらを主に使う参考書にして、上記でご紹介した参考書と併用なされば良いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手術室の器械・器具 [ 昭和大学病院 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)

 

少々値段は高いですが、「基本的に医療関係の本は高いので仕方ないですよね。」そのように考えている方が大半だと思います。

 

しかし、このサイトで今は読まなくなった本を買い取ってもらえば新しく本を買うお金をゲットすることが出来るのです。

 

医学書・医学専門書 送料無料で高価買取|メディカルマイスター

 

今ならキャンペーンで買取価格も高くなっていますし、大掃除の時に出てきた読まない本をまとめて売ってしまうのがいいとおもいます!