手術室看護師の外回りの仕事って?

手術室看護師になったら、必ずしなければ行けないのが「外回りの仕事」です。
一般的に外回りと聞くと、どうしても営業のサラリーマンがお得意先を廻って仕事を取っていくというイメ―ジがありますよね〜。
でも、もちろん手術室で働く看護師の「外回り」はそのような意味ではありません。では早速、手術室看護師の「外回り」についてご説明していきますね。

 

外回りとは、手術中の縁の下の力持ち

 

執刀医の横に立って、手術の手順に従って器具を渡す「器具出し」は手術において直接的な介助になります。
それとは、反対に手術室全体のサポートをするのが間接的な介助をする「外回り」になります。
実際の仕事内容は以下の通りです。
・患者を手術室前で迎えて、手術室まで運ぶ
・看護記録の作成
・出血量や出血によるガーゼの枚数カウント
・患者の体温の観察・体位を変える
・手術中の明かりの調整

 

このように手術中に縁の下の力持ちとなって、あらゆるところに目を配り手術中が円滑に廻るようにサポートするのが
手術室看護師の外回り担当の仕事です。直接的に手術には関わりませんが、外回りを担当する看護師がしっかりしてこそ
医師や器具出しの看護師が手術に集中できるのです。

 

手術前後の患者のサポートも大事な役割

 

手術中だけでなく、手術前後に患者が安心出来るような環境を作り上げることも大事な役目です。
手術を控えて不安定な患者の精神状態を病棟の看護師と共にサポートし、手術後は病棟看護師が術後の看護をしやすいように
きちんと病状の引継ぎを行います。

 

以上、手術室看護師の外回りの仕事についてご紹介しました。間接的な介助とはいえ、本当に手術の行方を左右する大切な仕事です。
きちんとその仕事内容について理解しておきましょう!

 

>>手術室看護師として働きたい方にオススメの転職サイトはこちら<<