手術室看護師がやりがいを感じる時は?

手術室看護師は、一般的な病棟や外来の看護師とは仕事内容・求められるスキル・責任の大きさが違ってきます。
病棟や外来の看護師の大きな役割は、あくまでも患者の病状が回復するようなサポートです。病院内での精神的な支えになって、1日も早く社会復帰できるように努めるのです。

 

一方で、手術室看護師は毎日医師と共に「一瞬一秒を争う生と死の現場」で働いているのです。気を緩める時間もないですし、長時間・緊急手術なんて日常茶飯事です。

 

では、そんな過酷な状況の中で手術室看護師はどんなことにやりがいを感じているのでしょうか?

 

やはり多くの手術室看護師が「手術が成功したときの達成感」について挙げています。手術は医師だけの力で出来るわけではありません。
器具出し・外回り、その他さまざまな役割を持った人たちで、一人の命を救おうとなりふり構わず必死になっているのです。
手術が成功したときに、手術のチームメンバー全員で喜びを共有できるのが、大きなやりがいにつながっているようです。

 

確かに手術室勤務はシフト制ではないので不規則ですし、常に緊迫感のある現場にいますので苦労も多いかと思いますが、その分やりがいもしっかり感じられる素晴らしい仕事だと思います。

 

>>手術室看護師として働きたい方にオススメの転職サイトはこちら<<